米屋菓子店

大口通商店街の真ん中あたりを曲がったところから繋がる、あけぼの通り商店街。
そこにあるのが米屋菓子店さんです。

米屋さんの外観写真です
オレンジの屋根が目印。
店頭にはお菓子が並び、たい焼きもやっています。

なんてことない店頭写真に見えるかもしれませんが、実はこれ撮るの大変だったんですよ!
いつもお店先にお菓子を買う小さい子がいたり、椅子が出されていて、お菓子買った人がおじさんとしゃべっていたり。
後は夏はかき氷をやってるので、かき氷買った子供たちがたくさんいて、誰もいない状態を撮るのに数カ月かかったのです。

そんなわけでこれは貴重な一枚で、普段はお店に子供たちがよくいます。

米屋さんのお菓子が並んだ写真です
落花糖などのお菓子が並んでいます。
220円、300円などのお手頃なお菓子が並んでいますが、高級なお豆もあります。
千葉特産の新南京豆など1000円以上のお品ですが、なかなか手に入らない味のいいものです。

奥に見えるのはたい焼きの売り場です。
おじさんがここで時々たい焼きを焼いています。
作り置きがない時でも、5個とかそれなりの個数を買うときはおじさんが焼いてくれます。

米屋さんの小さなお菓子が並んだ写真です
手前にあるのは子供向けの安いお菓子です。
パックンチョなどのチョコ菓子、おっとっとなどのスナック、ねるねるねるねなどの知育菓子があります。
そして、その下には駄菓子屋さんらしい20円のスーパーボールや水風船が。

奥の透明のものに入っているのは量り売りのお菓子です。
近年、可愛い雑貨店などにこういう量り売りのお菓子がありますが、米屋さんではずっと前からあります。
フルーツキャンディやおせんべい、ヨーグルトなど20種類以上の量り売りのお菓子が並び、懐かしいデザインのお菓子とも巡り会えます。

米屋さんにある古いガチャガチャの写真です
こちらはガチャガチャです。
最近よくあるキャラ向けのものではなくて、懐かしい赤いガチャガチャ。
スライムとか子どもが遊べる系のガチャガチャが並んでいます。
※ちなみにプリキュアとかキャラ物は大口通商店街のホビーショップ・ラッキーボーイさんのところにあります。

米屋菓子店さんの朝日新聞記事キャプチャーです。
最近、米屋菓子店さんは朝日新聞の街記事でも紹介されました。
実家が大口という方も「懐かしい、実家に戻ったらまた行きたいな」と思うお店です。
末永く続いてほしいなと思います。

横浜ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

みなと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。