華珍楼

少し前ですが、大口駅から徒歩3分ほどのところにある中華料理店、華珍楼に行ってきました。
大口駅西口から商店街のほうに歩き、商店街前の交差点を右に曲がって少し行ったところの角にあるお店です。

お昼の13時半頃に入ったのですが、入ってから14時閉店と気づきました。
マズかったかなと思ったのですが、その後もお客さんが入って来たので大丈夫なあと思いながら、ラーメンとチャーハンを注文。

ラーメンは昔ながらのラーメン。450円。
赤いチャーシューとメンマとネギが入っている感じです。

量があまり多くなく、あっさり醤油で小食の方でお食べきれる量です。

こちらはチャーハン。スープ付きで600円。
塩味が強くなくあっさりしていて、スープはノリと卵のスープでした。

ラーメンも昔ながらで、チャーハンも飾らない感じで味もまあまあ良かったのですが、食べている最中に、閉店時間が迫り、大変でした。

フロア担当の店員さんが着替えて帰り、厨房の人たちも仕事を辞め、キッチンの電気を消してテレビのほうへ。
急がなきゃと思うのですが、そういう時に限ってノンビリしだす子供(泣)
しまいに、店内の電気が消され始め、半分暗い中、すごく落ち着かない状態で食べ終えました(汗)

駅から近く、一見、狭そうなお店ですが、中はわりと広めです。夜は0時までやっているそうなので、ゆっくり食べるなら夜がいいかもしれません。春巻きなんかの飲茶系なども美味しいそうで、夜は飲みながら食べる人も多いみたいです。

華珍楼さんはサイトないのでTwitterで営業時間などはご確認ください。

横浜ブログランキングへ

みなと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。