冨士家菓子店

手作り和菓子のお店、冨士家菓子店です。
大口通り商店街に入り、地元スーパー横濱屋さんを過ぎたあたりにあります。
冨士家菓子店の店頭写真。お店の前に赤いクロスの敷かれた長机が2つ並んでいて、その上に、お餅、お団子や大福などの和菓子、お赤飯などのご飯もの、割れせんべい、かきもちなどが並んでいます。
いつもある人気の和菓子から季節商品まで、毎日おいしそうで安い和菓子が並びます。

ケースに入ったみたらし団子、あんこの串団子の写真。どちらも110円。お店の人に言うと、取ってくれます。2018年の価格です。
こちらはお団子。この日はあんこが売れてしまったのでありませんでしたが、みたらしとお団子があります。
1本110円。工場製とは柔らかさと味が違います。

豆大福、きなこの袋が乗ったよもぎ餅の写真。それぞれパックに入っています。豆大福2個240円、3個360円。よもぎ餅5個300円。2018年の価格です。
豆大福とよもぎ餅。よもぎは上にきなこが乗っているのを見てわかるように、中にあんこのないタイプです。
豆もちは年齢の高い世代には懐かしいみたいです。豆大福は人気商品で、お土産に持っていくと喜ばれます。

うぐいすもちは240円。ふぶきは2個220円。ふぶきと茶まんが1つずつパックになったセットもあります。1つずつ入ったものも220円です。
うぐいすもちとかふぶき。

あと、冨士家さんにはきみしぐれがあって、このきみしぐれが他で食べるのとは違い、ほろっと柔らかくおいしいのです。
きみしぐれやおこわなどの写真。きみしぐれ260円、かのこ320円、栗おこわ380円、五目ずし400円です。

この写真の一番左がきみしぐれです。他に載っているのは、かのこ、栗おこわ、五目ずし、お赤飯です。

春はさくらもち、お節句にはかしわもち、お盆には干菓子、夏は水ようかん、という感じで季節を感じられるのも、和菓子屋さんのいいところですね。

お赤飯の写真です。お赤飯小さいのが324円、大きいのが540円です。
あと、人気なのがお赤飯とお餅。お赤飯はちょっと食べたいって方がよく買っていかれます。

ふじやさんの自家製杵つき切り餅の写真。6個入って540円です。
切り餅は冨士屋さんの杵つき自家製商品です!
このお餅は大口通り商店街の夏祭りの時に磯辺焼きとして売っているのですが、とても人気です。

なかなか行列がすごくて買えないという方もいるかもしれませんが、普段も売っているので、ぜひどうぞ。
ただ、切り餅も他の和菓子も、防腐剤などが入っていない、自然そのままのお餅ですので、すぐ食べきれる量だけ買うのをお勧めします!
食べたくなったら、ぜひまた来てください!

ふじやかしてんさんの場所です。大口駅の交差点を背中にして、左側の道を歩きます。横濱屋さんを過ぎた横断歩道を抜け、パチンコの永楽を過ぎた先にお店があります。

○冨士家菓子店のアクセス
神奈川県横浜市神奈川区大口通34-4
冨士家菓子店は大口通り商店街の大口駅側にあります。スーパー横濱屋とパチンコの永楽を過ぎたところです。
木曜定休日 営業時間9:30~18:30
冨士家菓子店は大口スタンプ加盟店、駐車場無料券取扱店です。福引券ももらえます。

横浜ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

みなと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。